しゅふぴた
美香さん ちょっと聞いてよ!
しゅふぴた×玉城美香さん
テーマ
働き方を変えた・考えた瞬間
2017/08/24掲載分

 上の子が幼稚園に入るとき預かり保育の定員枠が足りない場合は仕事を続けられないかもしれないと不安でいっぱいでした。どうにか預かり保育に入れたのですが、小学生になると今度は学童に入れるか不安で。
 学童は一度は落選してもうだめかと思ったころ再抽選があり運よく入れたのでどうにか仕事を辞めずに済んでいます。

30代・在職中の方
社労士 大城さんからアドバイス
 うちの近辺は今年から「認定こども園」になったんですよ。こども園って何?と幼稚園に入る子供のお母さんたちは不安そうでしたね。わかりやすい一例として、運動会など今まで小学校と一緒だった行事がこども園単独行事になります。過渡期だから仕方ないですけど、制度が変わる年はワンクッションおいて弾力的な対応があるべきかなと思いますね。
 上の子が預かり保育や学童に入れなくて仕事を辞めてしまうと、自宅保育ができるものとみなされ、ある一定期間後は下の子が保育園退園となってしまいます。役所や周囲の先輩お母さん達から情報を収集しておくことが大切ですね。

 そもそも、預け先が抽選でって、ここ外れたから他でって…物じゃないんだから!子供を適当に扱いすぎじゃないですかって、役所に掛け合ったことを思い出しました!
 うちの子が幼稚園に入る年に、ちょうど幼稚園児が学童を利用することが原則できなくなったんですよ。幼稚園の預かり保育はあったんですけど、定員が保育園の1/3くらいだったので、預かりに入れない園児はどうするんですかって役所に聞いたら、行政認可の学童に入れて下さいと言われました。
 もともと入れようと思っていたお姉ちゃん達が通っている学童は、認可ではないけれど、送迎もしてくれて習い事も充実していて私には都合が良かったんですよ。でもその年から幼稚園児は入れなくなって。認可の学童がエリア内にはあったんですけど、間違いなく定員オーバーでしたね。少し離れた、車で20分位の所からお迎えが来て連れていきますって言われましたが、同じ幼稚園の友達もいない所に行って下さいって子供にとって良い環境じゃないなと思いましたね。結局、うちの子は幼稚園の預かり保育の欠員が出て再々抽選でどうにか入れたんですよ。
 決まるまでは、私、生放送あるしどうしよって相当考えましたね。おばあちゃんに仕事辞めてもらって孫を見てもらうしかないかなって。ギリギリまで預け先が決まらなかったので不安でならなかったですよね。私は当初この仕組みを知らなくて、お姉ちゃんと同じ学童に入れるつもりだったので、預かり保育の申し込みも申し込み順ですってその場で言われて「え?申し込んでないんですけど」ってなって焦りましたよ。同じ思いをされた方もいたのではないでしょうか。

SNSでシェアするFacebookでシェアするTwitterでツイートするLINEで送る